沖縄発

【沖縄発】「慰霊の日」の3本の矢の狙い

 4月28日、安倍晋三首相は政府主催の「主権回復の日」記念式典を憲政記念会館で催した。戦後68年経ってなぜ唐突に主権回復の日なのだろうか。逆に式典は、安倍首相自らが、今年のこの日に至ってもこの国に主権が存在しないことを「公」に認めた日でしかなかったのではないのか。
 東京の式典と同時刻、沖縄では式典を糾弾する「沖縄大会」が宜野湾市で開催された。「4・28」。沖縄県民の感情は「屈辱の日」でしかない。
 1945年、ニッポンは戦争に負けて米軍の占領下に置かれた。6年後の1951年9月8日にサンフランシスコ講和条約が締結され、その次の年の4月28日に条約が発効。と同時にその日をもって沖縄と奄美、小笠原はニッポンから切り離され(分断され)、米軍の施政権下に置かれたのは歴史の事実である。
 その後、奄美は鹿児島へ、小笠原は東京へと一足先に復帰した。だが沖縄はアメリカによる「異民族支配」が実に27年間も続き、ニッポンに復帰したのは1972年のことだった。
 27年の間に何があったのか。沖縄県外にあった米軍基地・施設が沖縄にほぼ一極集中的に移転してきた。高等弁務官の布令・布告という「紙」一枚で沖縄県民は翻弄され、米軍が起こす事件事故で県民が犠牲になろうとも加害者の米兵は罪を問われない。逆に被害者への謝罪・補償さえもなかったのだ。「やられ損、殺され損」。そのような状況が27年間も続いたのである。
 そして復帰41年経った今なお、普天間基地に象徴される海兵隊をはじめとする米軍の傍若無人な振る舞いは1972年以前といったい何が変わったというのだろうか。欠陥機オスプレイの強行配備(今夏にも12機追加配備計画あり)、普天間基地の名護市辺野古への移設ごり押し(沖縄では、国家によるストーカー行為という)、基地の負担軽減と胸を張った嘉手納基地より南の施設の返還も、沖縄に集中する米軍専用施設面積の割合がわずか0・1%減るだけだ。しかも、すべてが沖縄県内の既存施設への移設でしかない。まさに子供だまし。厚顔無恥。悪質極まりないとはこのことを言うのであろう。
 今年の「4・28」ほど、政府と沖縄県民が対峙したことはない。安倍首相の「主権回復」という狭隘な目線に対し、「屈辱」という沖縄県民の歴史的背景からの視野と視点が際立った。米軍に今なお広大な基地を提供し続けていながら「主権回復」と喜ぶ心理とはどういうものなのか。いくら沖縄県民が考えても理解しがたいものがある。もちろん感情論ではない。歴史を都合よく解釈する為政者に対して事実を突きつけたまでのことである。
 5月15日。復帰の日。沖縄では「復帰の内実を問う」5・15平和行進が毎年行われている。今年は17日から3日間、行われた。全国からの参加者を含めた行進団は米軍基地や自衛隊基地、沖縄戦の激戦地などを見ながら歩いた。歩くことでこの国の矛盾が鮮明になる。
 沖縄本島の南端・糸満市摩文仁の国立戦没者墓苑で、6月23日に沖縄戦で犠牲となった戦没者を悼む式典が行われる。今年は安倍首相のほか、はじめて外務、防衛の両大臣が参列するという。なぜ? と県民はいぶかる。分かり切ったこと。普天間基地の辺野古移設をはじめとする米軍基地の沖縄への押し込め。さらに尖閣問題に名を借りた自衛隊の増強配備。そして仲井真知事への工作と、これまで政府がとってきた、「飴をしゃぶらせ」て県民を分断する工作以外の何ものでもないのは確かである。
 「アベノミクス」の3本の矢とは、成長戦略などでは決してない。景気回復といいながら国民の生活は豊かになったのだろうか。雇用の切り捨て、社会保障の切り捨て、生きる術がすべて切り捨てられる。すでに株価は乱気流の中に突入し、世界経済の不安定材料の要素ともなってきた。それもお構いなしだ。
 真の狙いは、沖縄の「慰霊の日」に首相、外相、防衛相の3本の矢? が揃うことでうるさい沖縄県民を黙らせ、米軍基地を押し込めた上で「憲法改悪」の地ならしをするつもりなのだろう。国民の命や暮らし、経済、東北の被災地、福島の原発被害の対策などより、まずは7月の参議院選挙で過半数を制し、憲法をいじろうとする目論見が透けて見える。
 右傾化するこの国に果たして未来はあるのか。
 翻って、自戒を込めて言おう。ジャーナリストの無知と無関心ほどさもしいものはない。権力と対極にあるのがジャーナリズムなのではないのか。(風)


【沖縄発】無法地帯で憲法を想う

 昨年末、忘年会で乾杯し、1杯目のジョッキを空けた直後。デスクから電話が入った。嫌な予感は的中。「那覇市で飲酒米兵の車が一方通行を逆走、バイクの男性に衝突してけがをさせた」という。「またか」と悪態をつきながら現場を探しに出ると、店からわずか300mの所だった。
 卑劣極まりない女性への集団暴行事件が10月に起き、米軍が夜間外出禁止、基地外飲酒禁止を発令しているさなかだ。ちょうど前日には現場から100m余りのアパートで、20代女性の部屋をベランダからのぞいた住居侵入容疑で米兵が逮捕された。こんな県庁所在地が、本土のどこにあるだろうか。
 「第2次安倍政権が発足し、改憲の危機が迫っている」。それはそうなのだが、沖縄は戦後68年間、憲法どころかこういう無法地帯の中にある。作家の目取真俊さんら多くの識者が指摘していることだが、あまり浸透しないので繰り返したい。
憲法9条は、日米安保があったからこそ存在できた。「米軍に日本を守ってもらう」代わりに、沖縄の彼ら彼女ら、一人一人の被害者をいけにえとして差し出してきた。
 米軍が昨年10月、垂直離着陸輸送機オスプレイを沖縄に強行配備した後に聞いた、ある女性の言葉が頭から離れない。現場で久しぶりに会い、話しかけようとすると、「取材はもう、本土の人にしてください」と、はっきり拒絶された。もう沖縄は基地はいらないと言っている。残る問いは、本土がどうするかだけだ。基地を引き受けるのか、それとも安保をやめるのか。東京出身のお前は、ここで何をしているのだ?。
 彼女は15年近く、私に普通に接してくれていた。鳩山政権が普天間飛行場の移設先を再び県内に決め、さらにオスプレイが配備され、多くの県民の心の中で針が振り切れた。臨界点を超えた本土への怒りを、肌で感じている。保守系で官僚出身の仲井真弘多知事さえ、「差別」を指摘している。
 墜落を繰り返してきたオスプレイは、きょうも県民の頭上を飛ぶ。その恐怖を訴え、日米両政府に配備撤回を求めるため、1月27日に100人以上の大要請団が東京に行く。本土ではあまり報じられていないと思うが、沖縄の全市町村の首長や議長、自民党から共産党までの県議も参加する、空前の規模だ。午後3時45分に日比谷野外音楽堂を出発して、銀座をパレードする予定。近くの方はまず一緒に歩いて、憲法と安保と沖縄を考えてみませんか。(岳)


【写真説明】オスプレイ配備に抗議する座り込みで、普天間飛行場のゲートを封鎖した市民。排除する警官と市民の双方から、「なぜ県民同士が争わなければならないのか」との嘆きが漏れた=2012年9月27日、沖縄県宜野湾市


【沖縄発】凍てつく日本政治に喝を

 沖縄も朝晩は冷えてきた。この国の政治もとうとう凍てついてしまった。
 民主党の野田佳彦総理大臣が11月16日、衆議院を解散した。「近いうち解散」発言後3カ月、解散に踏み切らなかった野田首相の態度に自民党ほかが「うそつき」の大合唱。支持率低下に加え、櫛の歯が欠け落ちるように同僚議員の離党が相次ぎ、とうとう衆議院解散に打って出たということか。
 支持率低下の要因は、野田政権ひいては民主党自体にあることは言うまでもないだろう。3年前、自民・公明連立政権に嫌気がさし、政権交代を民主党に託した国民はその民主党政権にことごとく裏切られ、ほとほと愛想を尽かしたということである。
 一方で3年前に下野した自公。解散に追い込み、政権奪還だと意気軒昂だが、果たしてそうなのか。国民から「あなた方の政治はいらない」と退場を強いられたにもかかわらず、総理の座を投げ捨てた人を再び総裁に据え、政権奪還だと言う自民党。これまでの数々の違憲状態をつくり上げてきたのが自民党自身であることを忘れて復権をもくろむ態度は、旧態依然とした政治回帰以外の何ものでもない。
 自民から自公へ、そして民主へといったこの国の政権の流れは、一貫して「沖縄差別」の上にある。沖縄にアメリカ軍の基地を押し付け続け、日米安保がなぜ必要なのかも議論しない。アメリカ軍の兵隊や軍属が沖縄県民に起こす事件事故にも何一つ手だてをしない。事件事故が起きるたびに県民が抗議しても、政府の出先である防衛省沖縄防衛局や外務省沖縄事務所は「遺憾である」と言うだけだ。抗議で訪れる議会や市町村長などに返す言葉は決まって「遺憾」と「承知していない」の二つだ。現場で取材をしていて「この人たちは失語症ではないか」といつも思う。逆にマニュアルにはこの二つの言葉を言うだけでいい、とあるのだろう。
 戦後、銃剣とブルドーザーで奪った土地にアメリカ軍普天間基地を造ったアメリカ軍。「欠陥機」垂直離着陸輸送機オスプレイを強行配備し、自らが示した飛行ルートや夜間訓練時間も完全に無視。人間の受容限度をはるかに超える90デシベル以上の騒音をまき散らしながら巨大なコンクリートの塊を吊り下げての訓練や照明を落としての夜間飛行訓練などまさにやりたい放題が続いている。
 おまけにオスプレイ配備前から基地のゲート前で抗議行動を続ける県民を警察が遮断し、アメリカ軍は警告板を設置していた。警告文は米国法で立ち入りを禁止する文言だ。40年前までの米軍占領時代ならいざしらず、他所の国に来て米国法を掲示するアメリカ軍。主権在民、人権の尊重、恒久平和を柱とする世界に誇るこの国の憲法の上を、軍靴で傍弱無人に歩きまわるアメリカ軍の神経とはいったい何だろう。アメリカ軍の駐留こそがまさに違憲ではないのか。
 日米両政府は「沖縄は憲法の適用外」だとしか考えていないのだろう。沖縄県民の忍耐は限度を超えている。総選挙で大政翼賛政治となって憲法改正となったら、沖縄県民はきっとこう言うだろう。「憲法の第一条に、沖縄は独立して一つの国家を形成する、と書いてほしいね」(鉦)