憲法をめぐる動き

<JCJ緊急アピール>憲法の危機に、憲法を守り活かす勢力の前進を2012年12月総選挙に当たって、国民に訴える

 2012年12月16日に投開票される衆議院総選挙に関し、私たち日本ジャーナリスト会議は、この選挙の真の争点が日本国憲法にあることを改めて確認し、憲法に基づく政治の実現を目指す勢力が前進するよう、主権者である国民の皆さんに訴える。
 今回の選挙について、マスメディアの多くは、民主党と自民・公明、それに「第3極」と称するいくつかの保守政党をベースに選挙を描き出している。そこでは、消費税増税と社会保障、原発政策やTPP参加、近隣諸国との領土問題などが争点だとしている。また、全県挙げた沖縄のオスプレイ反対・基地撤去の声は無視に近い状態である。
 これらはいずれも日本の将来に関わる重要な問題である。しかし私たちは、その全ての根幹が日本国憲法にあること、そして今回の総選挙の結果によっては、戦後日本を形作ってきた憲法とその精神を捨て去り、再び戦争をする国に進む危険をはらんでいることを改めて指摘せざるを得ない。問われているのは、改憲勢力が議席を伸ばすのか、それとも改憲に反対し、憲法に基づく政治を目指す勢力が前進するか、である。
 まず、「日本国憲法改正草案」を公表した自民党は、総選挙公約で憲法改正をめざすとし、自衛隊を国防軍にし、集団的自衛権の行使を明確化する「国家安全保障基本法」制定を掲げた。安倍晋三総裁は、戦争を前提として「交戦規定の整備」まで主張している。さらに、「憲法破棄」を唱える石原慎太郎前東京都知事や、「自主憲法大綱案」を掲げる「たちあがれ日本」、「維新八策」で改憲を含む統治機構改革を主張する橋下徹大阪市長らが合流した「日本維新の会」の選挙公約には、「自主憲法の制定」が盛り込まれた。
 民主党も「専守防衛」に代えて「動的防衛力」を唱え、日米同盟の深化と日米軍事一体化を進め、集団的自衛権解釈の変更を打ち出している。さらに、「安全保障基本法」を唱える日本未来の党、「憲法改正の考え方」を持つみんなの党、「加憲」を主張する公明党も含め、今回の総選挙では、改憲を明確に掲げる政党の動きが際立っている。これらの政党が衆議院の多数、特に3分の2の議席を獲得すれば、改憲策動がさらに進む危険は明白だ。表現の自由と知る権利に関わる「秘密保全法案」の浮上も現実味を増してくる。
 かつて日本のメディアは、暴走する軍と「新体制」を唱える政治を押しとどめず、むしろそれを煽り、侵略戦争を推し進めた痛恨の歴史を持っている。日本国憲法は、戦争の惨禍と、2000万の人々の犠牲で生まれた、世界と歴史に対する約束でもある。
 ところが、マスメディアの今回の選挙報道は、こうした憲法の精神に立って政策を論じ、この憲法の危機を伝えるのではなく、「第3極」と称する政党の派手な動きや、すぐに政権に関わらない政党は意味がないかのような「政権の枠組み」報道に終始し、加えて自らによる世論調査で、「勝ち馬」意識を煽るバンドワゴン効果を広げようとしている。
 かつての侵略戦争への反省から生まれた、私たち日本ジャーナリスト会議は、日本国憲法の危機を示す総選挙にあたり、マスメディアが日本国憲法の精神に立ち返り、将来を見通した鋭い批評精神を発揮し、国民の道しるべとなることを改めて強く要請するとともに、主権者である国民がその投票行動で、憲法改悪をもくろむ勢力に厳しい審判を下し、憲法を守り生かす勢力の前進を促すよう、こころから訴えるものである。
 私たちはいま、歴史の岐路に立っている。

 2012年12月8日 真珠湾攻撃の71年の日に
     日本ジャーナリスト会議

JCJ緊急アピール(JCJ20121208.pdf)


戦争なき世界に向けて核兵器廃絶のための具体的行動を呼びかけるアピール

戦争なき世界に向けて
核兵器廃絶のための
具体的行動を呼びかけるアピール

アメリカ合衆国大統領 バラク・オバマ殿

世界平和アピール七人委員会
武者小路公秀 土山秀夫 大石芳野 井上ひさし
池田香代子 小沼通二 池内了

続きを読む


2009年度 JCJ賞の発表

2009年度 JCJ賞の発表

日本ジャーナリスト会議(JCJ)は、1958年以来、年間の優れたジャーナリズム活動・作品を選定して、「JCJ賞」を贈り、顕彰してきました。
なお、2002年からは、「黒田清JCJ新人賞」を併設し、顕彰しています。
今年度は、7月4日の選考会議で、下記の4点を、受賞作と決定しました。

贈賞式:8月8日(土) 14:00~ 日本プレスセンター・ホール(東京・内幸町)

【JCJ大賞】

 本年は該当作ナシ。

【JCJ賞】

〔書籍〕半田 滋『「戦地」派遣─変わる自衛隊』 岩波新書

〔受賞者〕半田 滋

〔受賞理由〕

 自衛隊は、1992年のPKO等協力法を機に、「専守防衛」から海外派遣、さらに「戦地派遣」へと大きく変貌する。「ミサイル防衛」など米軍との一体化も進む。著者は17年に及ぶ地道な取材で、自衛隊の深部で起きている変化と「政治の迷走」を抉り出す。防衛省発表や官制報道に甘んぜず、現場の証言を集め、取材対象との緊張関係を維持しながら、変わる自衛隊の姿を浮きぼりにする。

【【JCJ賞】

〔テレビ報道〕NHKスペシャル 「こうして“核”は持ち込まれた─空母オリスカニの秘密」

〔受賞者〕NHK広島放送局

〔受賞理由〕

 米国第7艦隊の主力空母「オリスカニ」が廃船となり、3年前、フロリダ沖に沈められた。朝鮮戦争からベトナム戦争まで、日本を拠点に活動していた同空母が、実は日本に核兵器を持ち込み、核攻撃の臨戦準備をしていたことが、機密資料から明らかとなった。日米両国の利害や思惑が一致し、暗黙のうちに核持ち込みが図られた。関係者への綿密な取材から、非核3原則の骨抜きと日米軍事同盟の実態を明かす。

【JCJ賞】

〔新聞連載〕熊本日日新聞 「川辺川ダムは問う」

〔受賞者〕熊本日日新聞 「川辺川ダムは問う」取材班

〔受賞理由〕

 蒲島郁夫・熊本県知事や周辺に粘り強い取材を重ね、08年9月下旬、ダム反対の意向をいち早くスクープ。3カ月の準備を経て、12月22日から連載企画を始める。まず五木村の人たちの声に耳を傾け、球磨川漁協の決断、利水事業をめぐる農家の同意訴訟、河川環境の悪化、住民集会など幅広いテーマで報道を続ける。つぶさに川辺川ダム問題を追ってきた地元紙ならではの力量と責務が発揮された。

【黒田清JCJ新人賞】

〔ドキュメンタリー映画〕早川由美子監督 「ブライアンと仲間たち─パーラメント・スクエアSW1」

〔受賞者〕早川由美子

〔受賞理由〕

 イギリスの国会議事堂ビッグ・ベン前の広場(パーラメント・スクエア)には、テントを張って、8年近く<イラク戦争反対、NO KILL KIDS!>と抗議している男性がいる。名はブライアン・ホウ(1949年生まれ)。警察は、プラカードの撤去、スピーカーの使用制限、さらにはSOCPA法まで制定して追い出すのに懸命だ。「ブライアンと仲間たち」は、独特のアイデアとユーモアを駆使して抗議活動を続ける。その様子を1年半に渡り、体当たりで撮影・取材し、ひとりひとりの表情を生き生きと捉え、感動のドキュメント映画に仕上げた。1975年生まれ。独学で映像制作を始める。初監督作。


世界平和アピール七人委員会は、4日、イスラエルのガザ攻撃について、緊急アピール

イスラエルによるガザへの攻撃の
中止を求める緊急アピール
 

2009年1月4日

世界平和アピール七人委員会

委員 武者小路公秀 土山秀夫 大石芳野
井上ひさし 池田香代子 小沼通二 池内了

続きを読む


世界平和アピール七人委員会がG8各国首脳らにアピール

先進工業国の責任の自覚を

世界平和アピール七人委員会は、来月北海道洞爺湖畔で開かれる「先進国首脳会議」(G8サミット)に向けた「北海道洞爺湖サミット参加国首脳への要望」をまとめ、各国大使館、代表部を通じて首脳に送るとともに、27日午後6時から、武者小路公秀、井上ひさし、小沼通二の3委員が記者会見し、アピールを発表、記者の質問に答えました。

 アピールでは、G8首脳に、グローバル経済の拡大のもとで、「価格高騰や食糧不足が現実化し、国家間でも各国内でも経済的社会的傘が広がり、社会不安や軍事紛争の危機を招いて」いると指摘。「先進工業国の責任を自覚し、問題の根幹を捉えた的確な決定を」と訴え、「地球環境の保護、国際金融の規制ルール、国際的な人権の擁護、核兵器の禁止などについて積極的な決定」について期待を表明するとともに、(1)環境対策は弱者の視点から(2)「反テロ」に名を借りた戦争や人権の抑圧に反対する(3)核兵器保有国は削減義務の履行を-の3点をポイントに要望しています。

続きを読む


2007年度(第50回)日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞黒田清・JCJ新人賞の発表

2007年度(第50回)

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞

 黒田清・JCJ新人賞の

発表について

2007年7月25日

日本ジャーナリスト会議(JCJ)
〔代表委員〕
  石埼一二、亀井 淳、柴田鉄治、隅井孝雄、宮崎絢子
〔事務局長〕守屋龍一

日本ジャーナリスト会議(JCJ)は、1958年以来、年間のすぐれたジャーナリズム活動・作品を選定して賞を贈り、顕彰してまいりました。今年は第50回目で、賞は別紙のように全6点の入選が決まりましたので、お知らせ申しあげます。
 なお、2002年からは「黒田清・JCJ新人賞」を設けております。

◆選に当たりました選考委員は次の6人です。

諫山 修(ジャーナリスト)、伊藤洋子(東海大学教授)、大谷昭宏(ジャーナリスト)、清田義昭(出版ニュース社代表)、柴田鉄治(ジャーナリスト)、中村梧郎(フォトジャーナリスト)

◆JCJ大賞には、賞状のほかに記念品として佐藤忠良氏制作のブロンズ像「柏」を、JCJ賞・JCJ特別賞には賞状のほかに狩野炎立氏制作の陶額「光炎」を贈ります。
 黒田清・JCJ新人賞には、賞状と伊達伸明氏制作の木製オブジェ、および故黒田清氏の遺族出資による賞金50万円を贈呈します。

◆贈賞式は来る8月11日(土)午後、JCJイベントにありますように日本プレスセンター・ホール(東京・内幸)で「市民とジャーナリズムを結ぶ集い」として行います。

★お問い合わせなどは下記事務局までお願いいたします。また、日本ジャーナリスト会議の沿革や活動、JCJ賞のこれまでにつきましては、下記ホームページをご参照ください。

日本ジャーナリスト会議(JCJ)
 〒01-0064東京都千代田区猿楽町1-4-8 松村ビル401号
 電話03-3291-6475、FAX;03-3291-6478
  ホームページ:http://www.jcj.gr.jp
 E-メール  :jcj@tky.3web.ne.jp

*事務局不在の場合の問い合わせ】
  電話03-3268-3063 亀井
  携帯電話090-4969-2313 亀井
——————————————————————————–

続きを読む


自衛隊による市民・ジャーナリストへの監視活動に抗議する声明

自衛隊による市民・ジャーナリストへの監視活動に抗議する声明

2007年6月13日
                      日本ジャーナリスト会議 
      
 自衛隊の国民監視・調査活動に強く抗議する。国民を守るべき自衛隊が、「情報収集」の名目で、市民やジャーナリストの行動を監視・調査し、無言の威圧を加えることは許されない。「言論・表現・報道の自由」を侵害し、人権を蹂躙する行為である。直ちに監視・調査活動をやめ、これまでの全容を公開し、その責任を明確にせよ。 

 特に私たちは、自衛隊の監視活動がジャーナリストに向けられている点に、強い関心を持たざるを得ない。ジャーナリストの重要な役割は、主権者としての国民が、物事を正しく判断できるように、広く社会の実態をつかみ、多くの意見を吸い上げ、問題の本質を明らかにすることである。
 自衛隊のあり方については、国民の間に多様な意見がある。その現状を踏まえれば、国民の判断に資するよう、もっともっと自衛隊の実態が報道されなければならない。しかし、今回の自衛隊の姿勢は、この取材活動すら敵視し、実態を国民の目から隠そうとしたものである。

これまでも自衛隊は、情報公開を求めて窓口に来た市民をリストアップし、その立場を恣意的に分類・報告していた事例がある。さらに適齢となる若者の名簿を自治体から出させて、自衛隊への勧誘に使うなど、人権を無視した活動が目立っている。私たちはこうした動きに対しても抗議し、やめるよう求めるものである。