ご意見紹介:ニュースと論評

【ご意見紹介】間違いですまされないこと

多くの国民の反対のアピールやデモや世論を無視した安倍政権の閣議決定は、もはや民主主義の国でなくなった危惧の念を禁じえない。歴史は何の為に我々に教えてきたのですか?繰り返し犯してきた戦争という大罪、罪のない多くの命を犠牲にして更に広島や長崎に原爆を落とされてやっと目が覚めて国民総意で獲得した今の平和だったことを日本の今の政治家は、全く念頭にない。日本国憲法のもとにあるべき政治家ではありません。

60代以上の人間は両親や祖父母から常に戦争の悲惨さを聞かされ育ってきました。よかった話など一度たりとも聞いたことはありません。戦争は殺戮であり破壊行為そのものです。住居もビルも失い、人間の心まで破壊します。
平和憲法制定に老身を押して必死に尽力した祖父とわが身を顧みず付き添った亡き母を思うたび悔しさがこみあげてきます。
日本人の性格は一途で猪突猛進的だから一層怖いのです。

今までの常識では考えられないことでこれからどういう良策があるのか、司法機関が頼りと聞きましたが、どうか皆さんの力を結集して、学んでいきたいと思います。若い方々も平和の為にしっかり考え行動してほしいです。