ニュースと論評:憲法をめぐる動き

憲法9条を守る署名1万4000筆を達成(京都放送労働組合)

憲法9条を守る署名活動をすすめている労働組合は、先月30日、目標2万筆の3/4に迫る1万4000筆の署名を達成しました。この3ヶ月で1,000筆が集約され着実に署名が集められています。いよいよ目標の2万筆が現実味をおびてきました。

取り組み進む署名活動
目標の2万筆に迫る

憲法9条を守る運動の中心として取り組みがすすめられている署名活動は10月末時点で1万3615筆となっていましたが、11月に入り円山音楽堂での憲法集会や円山青年一揆で155筆、恒例の弘法さんで75筆、天神さんで60筆とそれぞれ着実に署名が集められました。一方組合員では、11月の1ヶ月間で78筆の署名がよせられ、合計1万3958筆を数えていました。
そしてその後も署名が集められ30日に組合員がこどもの成長を学び合う西京の会の講演にでかけたさい参加者に署名を呼びかけたところ10筆が集まり、合計で目標2万筆の3/4に迫る1万4000筆となりました。

地道な取り組みが
着実に署名を集める

節目の1万筆を達成したのが1年前の11月25日の天神さんでの署名活動で、その後1年間で4000筆が集められたわけですが、このうち1000筆は、わずか3ヶ月間での集約ということになります。
このように着実に署名が集められてきたのは、拡闘委メンバーを中心とした地道な取り組みであると評価できます。
地域でも“京都放送労組は憲法9条を守る運動では飛びぬけている”と評判を呼び、ささやかながら世論形成に貢献しています。
10月に2周年を区切りにしてマラソンスピーチは終了しましたが、この署名活動と市民講演会は継続していくことになっています。

署名目標は2万筆
必ず達成しよう

署名目標は2万筆ですが、今回の1万4000筆達成で目標が現実味をおびてきました。あとひとがんばりで必ず目標を達成しましょう。組合員のみなさん、ひきつづき協力をお願いします。

【京都放送労働組合 2006年12月20日付組合ニュースより】