ニュースと論評:憲法メディアウォッチ

〈weekly新聞ウオッチ〉自衛隊官舎ビラまきで逆転有罪判決

12月5日-11日の東京都内発行・大手紙各紙に掲載された憲法ニュース
〈ヘッドライン〉
自衛隊のイラク派遣1年延長
12月9日付朝刊各紙
東京都立川市の自衛隊官舎ビラまきで逆転有罪判決
12月9日付夕刊各紙
民主・前原代表が米国で改憲発言
12月9日付夕刊各紙

▽12月5日(月)
【日経】
(夕刊1面)公明党が防衛庁の「省」への格上げを容認、政府は来年の通常国会に関連法案を提出する見通し。

▽12月6日(火)
【朝日】(朝刊2面)、【毎日】(朝刊1面、2面)、【読売】(朝刊4面)、【日経】(朝刊2面)、【産経】(朝刊5面)、【東京】(朝刊2面)
防衛庁を「省」格上げへ、自民党と公明党が合意。日経は「民主、年明けに党見解」と報道。

【毎日】(朝刊5面)、【読売】(朝刊4面)、【東京】(朝刊2面)
与党側から国民投票法案を内閣提出法案化するとの発言、民主党が反発。

【産経】
(朝刊5面)「迷走民主党? 九条改正 結論先送り」

【東京】
(朝刊2面)教育基本法改正に現実味、公明党が容認に転換

▽12月7日(水)
【朝日】(朝刊4面)、【毎日】(朝刊5面)、【東京】(朝刊2面)
国民投票法案の扱い、従来どおり「議員立法」で決着。自民党が民主党に釈明。

【読売】
(朝刊4面)「防衛省」昇格案について、公明党内に「拙速」の声あり

【読売】
(朝刊4面)民主党内での憲法論議がまとまらない状況を取材した記事「迷走民主 自民に遅れ」

【読売】
(夕刊1面)政府の自衛隊法改正原案が7日、明らかになった。国際平和協力活動を国防に次ぐ本来任務に位置付けるという。

▽12月8日(木)
【朝日】
(朝刊4面)防衛庁の「省」格上げ、教育基本法改正の容認に転じた公明党の内部事情を取材した記事「公明前向き発言 なぜ?」

【産経】
(朝刊5面)「迷走民主党? つきまとう『分裂の危機』」

【産経】
(朝刊27面)東京都は、卒業式や入学式での「国歌斉唱」の際、教師が生徒の不起立を促すような指導をした際には「通達」を出すとの方針を決めた。

▽12月9日(金)
【朝刊各紙】
8日の臨時閣議で、イラクへの自衛隊派遣1年延長を決定

【朝日】(朝刊4面)、【毎日】(朝刊3面)
自民党の船田元・憲法調査会長は8日、国民投票法案のメディア規制条項について、緩和を検討すると発言。

【読売】
(朝刊3面)防衛庁の「省」格上げに賛成する社説「次期国会で関連法の成立を図れ」

【朝日】
(朝刊31面)東京都の中村正彦教育長は8日、卒業式、入学式での「君が代」斉唱について、教員が生徒に不起立を促したりしないよう指導を強化すると発言。これまでの「厳重注意」を、懲戒処分も可能な「通達」に格上げする。

【朝日】(夕刊1面、3面、19面)、【毎日】(夕刊1面、15面)、【読売】(夕刊22面)、【日経】(夕刊22面)、【東京】(夕刊1面、2面、10面、11面)
東京都立川市の防衛庁宿舎で、自衛隊のイラク派遣に反対するビラを配布し、住居侵入罪に問われた「立川自衛隊監視テント村」メンバー3人の控訴審が9日、東京高裁であった。高裁は無罪となった一審を破棄し、逆転で有罪を言い渡した。3人は即日、最高裁に上告した。

【朝日】(夕刊1面、3面)、【読売】(夕刊1面)、【東京】(夕刊2面)
民主党の前原代表が8日(日本時間9日)、ワシントンの米戦略国際問題研究所で講演。「中国の軍事力増強は現実的脅威だ」などと述べたほか、シーレーン(海上交通路)防衛のために、集団的自衛権を行使できるよう憲法を改正すべきだと発言した。

【読売】
(朝刊2面)自公民、国民投票法案を「議員立法」とすることを確認

▽12月10日(土)
【朝日】
(朝刊3面)ビラ配り有罪判決についての社説「表現の自由が心配だ」

【毎日】(朝刊5面)、【産経】(朝刊5面)
民主党・前原代表が米研究機関で講演、憲法改正に言及。

【毎日】(朝刊23面)、【産経】(朝刊30面)、【東京】(朝刊28面)
ビラ配り有罪判決

【毎日】(夕刊1面)、【日経】(夕刊2面)
民主党の前原代表が9日(日本時間10日)に記者会見し、「憲法改正を必要だと考えている政党にとって与野党(の区別)はない」などと述べ、与党との改憲協議に前向きに応じる姿勢を見せた。

【読売】
(朝刊4面)前原講演、民主党内に波紋。首相は改憲論を歓迎し秋波。

【日経】
(朝刊2面)小泉首相、民主党・前原代表の改憲論を歓迎し秋波

▽12月11日(日)
【産経】
(朝刊2面)前原発言、民主党内に波紋