企画記事

2011年メディアの課題と展望

2011年メディアの課題と展望

 2011年は、21世紀・第2ディケイド(2番目の10年)の始まりの年。世界が資本主義経済の行き詰まりと市場を含む社会主義の実験に大きく動き、大国支配の構造が崩れる中で、これからの日本が転換する、そのスタートの年にしたい。統一地方選を契機に変わっていく政治のうねりが国政にも広がっていく。ニセ物とはっきり決別し、本物志向の政治が始まる年にしたい。
 憲法メディアフォーラムの編集委員5人が、2011年のメディアの課題と展望を表すキーワードをそれぞれ3つ選びました。
新春特集「2011年メディアの課題と展望」(newyear2011.pdf)