今週のひと言

大阪訓練移転構想のまやかし

 日本維新の会の共同代表で大阪市長を務める橋下徹氏が、米軍輸送機オスプレイの訓練の一部を大阪府八尾市の八尾空港に受け入れる構想を表明し、6月6日には首相官邸で安倍晋三首相に直接提案した。同行した党幹事長で大阪府知事の松井一郎氏は八尾市が地盤。共同通信の報道によると、この場で首相は「沖縄の負担軽減のために(本土で)ともに負担するのは当然だ」と歓迎する意向を示し、午後には小野寺五典防衛相を官邸に呼び、訓練地としての適否を検討するよう指示したという。
 「風俗活用」との表現で、米兵の性処理に沖縄の女性を差し出せと言い放った橋下氏と、在日米軍専用施設の7割以上が沖縄に集中する異常な状態を見直す気などさらさらない安倍首相が、「沖縄の負担軽減」をともに口にする。慰安婦・風俗業発言で支持の急落にあえぐ維新の会と橋下氏を、憲法改悪のための同志として首相が助けるパフォーマンスだ。恥知らず、としか言いようがない。訓練誘致の次は、大阪の風俗業振興をとでも言うつもりか。性の商品化を推奨する男が、一方では首長として教育改革を叫んでいる。おぞましい、のひと言に尽きる。
 八尾空港への訓練移転案に対し、5日の琉球新報社説は「自らの政治基盤強化のために、沖縄の基地問題を利用しているのではないかという疑念がくすぶる」と批判している。「一年中、オスプレイが飛び交う沖縄にとって、配備中止ではない訓練移転は根本的解決には程遠い」「沖縄の痛みを引き受ける姿勢に打算がないというなら、オスプレイ部隊ごと普天間飛行場を県外・国外に移すと主張するのが筋だろう」?。その通り、と思う。

【参考】琉球新報5日社説「大阪訓練移転案 本質から目を背けるな」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-207574-storytopic-11.html