行事集会の告知、報告

後藤健二さんの死を悼み、戦争と報道について考える集会

後藤健二さんの死を悼み、戦争と報道について考える
〜日本人拘束事件とジャーナリズムに問われたもの

2月18日(水)18時15分開場、18時半開会、21時15分終了
文京区民センター3階A会議室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html
都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分
定員370人  入場料1000円 

〔第1部〕戦場取材の当事者が語る戦争と報道
野中章弘(アジアプレスインターナショナル代表)、綿井健陽(日本ビジュアル・ジャーナリスト協会)、安田純平(フリージャーナリスト)、他
〔第2部〕テロリズムとメディア
森達也(作家・監督)、新崎盛吾(新聞労連委員長)、香山リカ(精神科医)、雨宮処凛(作家)、他。
〔司会〕篠田博之(『創』編集長)
※1部2部の構成はあくまでも予定です。
当日、確実に座席を確保したい方は件名「2月18日参加希望」でお名前と携帯電話番号を下記へ送信下さい。
live@tsukuru.co.jp

ベトナム戦争の時代、ジャーナリストは戦争当事者と距離を置く第三者として戦場に入っていった。しかし、イラク戦争では日本人ジャーナリストは第三者ではなくなり、今回は、イスラム国によって標的にされた。
この経緯は、日本が戦争にどう関わってきたかの歴史と関わっている。私たちは、いつのまにか戦争に巻き込まれかねない存在になっているのか。
国家によるプロパガンダが行なわれる戦争において、国家と異なる視点から現場を伝えようとする戦場取材は、今回の拘束事件で極めて困難になった。
戦争と報道のあり方を考えることはジャーナリズムだけでなく市民にとっても必要なことだ。戦場取材をこれまで長年続けてきたジャーナリストたちの話をもとに考え、議論する。

主催:2・18実行委員会(アジアプレスインターナショナル、JVJA、新聞労連、月刊「創」編集部、他]