ご意見紹介

毎日新聞に掲載された意見広告への抗議

2015年8月6日、毎日新聞西部本社は、意見広告「安保法制が「戦争法案」ですって?」を掲載した。
意見広告
公益財団法人 国家基本問題研究所
https://jinf.jp/wp-content/uploads/2015/08/15.08.061.pdf

私は、西部本社に抗議をした。社内でどのような意見があったのか。8月15日の特集記事はいったい何だ。
毎日新聞:戦後70年これまで・これから:新聞は「戦争」をどう報じたか
(その1) 戦意あおり暴走加担
http://mainichi.jp/shimen/news/20150815ddm010040025000c.html

(その2) 責任と教訓かみしめ
http://mainichi.jp/shimen/news/20150815ddm010040034000c.html

8月17日、東京本社から返事がきた。あきれかえって、反論する気にはなれない。

小浜賢児様
 毎日新聞東京本社愛読者センターです。西部本社に電話で問い合わせをいただ
いた意見広告について、広告局から回答がありましたので、以下、お伝えします。

 平素は毎日新聞をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
 8月6日朝刊に掲載しました「国家基本問題研究所」の意見広告について、掲載
の理由を知りたいとのお問い合わせをいただきました。
 毎日新聞は広告掲載基準に則り掲載の可否を審査しております。当広告につい
てもこの基準に則った審査の結果、掲載可と判断した--というのが掲載理由で
す。以上、回答申し上げます。
 小浜様の今後益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。また、引き続き毎
日新聞をご愛読いただきますようお願い申し上げます。

北海道新聞労働組合「戦争と新聞」(径書房ー1984年)には、毎年11月1日(自衛隊記念日)に防衛庁からの「自衛隊PR広告」を掲載するかの議論が記録されている。
また、河北新報は「3・11」被災状況を報道するにあたって、言葉の検討までしているという、被災者に希望をもてる言葉を贈りたいと。

最近、メディアの論調がおかしすぎる。しかし、NHK批判をすれば事足りるという方があまりにも多い。社説と記事が一致しないのは当たり前。この新聞は何を読者に伝えたいのかわからない。この時期だから、憲法・国民生活の視点にたって報道すべきだ。もう、「政局」報道はやめてくれ。私が知りたいのは、国会でどのような法律を制定しようとしているのか、内閣はどのようなプランをもっているのか、それらが憲法・国民生活にどのような影響をあたえるのかだ。
TPP報道もいつも間にか、「年内妥結を」の論調。2年ぐらい前の論調とはちがう、「重要5品目は守れ」(私はこれにも賛成できないが)はすっかり忘れてしまった。
いい記事には称賛を、ひどい記事には抗議を、今からも続けていく。