今週のひと言

終わることのできない「戦後」

 冬休み初日の29日昼前。スマホのニュースを見て、目を疑った。「稲田防衛相が靖国神社参拝、就任後初 『未来志向に立ち』」。
 記事によれば、稲田氏は参拝後、安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問に同行したことに触れ、「未来志向に立ってしっかり日本と世界の平和を築いていきたいという思いで参拝をした」と述べた、という。
 靖国神社は、人々を無謀な戦争へ駆り立てていった軍国主義の精神的支柱だった。戦争指導者のA級戦犯も合祀されている。中韓が首相の参拝に神経質になるのも当然で、3年前の2013年12月、安倍首相が靖国神社を参拝した際、米国から「失望した」と言われたのを忘れたわけではないだろう。
 だとすれば、今回の首相の真珠湾訪問で、過去のことはきれいさっぱり水に流してもらった、とでも思っているのだろうか。安倍首相も今回の真珠湾訪問の狙いを「日米の間で、『戦後』が完全に終わったと示したい」と周辺に語っていたという。
 本気なのか? 戦争をしたのは米国だけではない。侵略し、未曽有の被害を与えたアジア諸国との和解の道は遠い。にもかかわらず、首相の演説には加害の歴史やアジア諸国への言及が一切なかった。
 稲田氏は安倍首相の秘蔵っ子である。靖国神社参拝という彼女の行動から浮かぶのは、見たくない過去には目を閉ざし、自国を美化する歴史認識の下、空疎な「未来志向」を繰り返す政権の本質だ。
 安倍首相は記者団から稲田氏の靖国神社参拝について問われ、「ノーコメント」と答えた、という。これしか答えられない安倍首相に「戦後」を終わらせることなど、できるはずがない。