今週のひと言

8月に思うこと

 「八月は、六日、九日、十五日」―。上の句の「八月は」は、「八月や」だったり「八月の」だったりするようで、句の意味と作者のたたずまいが少し違うようだが、作者も何人か居るようだが、ともにイメージは「平和」への願いだ。セミの声が流れる中での式典の静寂は、毎年のことながら、年寄りには「あの日」を、若い人には「記憶の継承」を思い起こさせる。
 戦後72年。痛感するのは「日本の孤立」だ。
 6日広島、9日長崎の平和祈念式典では、国連での核兵器禁止条約の採択にも触れなかった。長崎の田上富久市長は、平和宣言で「核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにもかかわらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません」と批判した。8月15日の戦没者慰霊式で、安倍首相は5年連続でアジアへの「加害」について言及せず、3年続けて「反省」したのは、なぜか天皇だった。
 「慰安婦像」は米国など外国に広がり、韓国ではバスの座席に常駐することにもなった。「徴用者像」も登場、カナダでは、南京大虐殺記念日制定の動きもあって、日本への批判は広がるばかりだ。それに対する日本政府の対応は「解決済み」とか「強制はなかった」だの「民間人大虐殺などはない」と無視したり反論したり、どうみても潔くない。
 国内での原爆をはじめとする戦争被害に「国家無答責」で頑張っている姿勢そのままだ。その延長線上にあるのが核兵器禁止条約の無視。北朝鮮問題への「圧力一辺倒」だ。
 この夏。NHKのドキュメンタリーが頑張った。「会長が代わったらこうも違うのか?」といろんな人に聞かれた。「原爆死 ~ヒロシマ 72年目の真実~」(6日)「本土空襲 全記 録」(12日)「幻の原爆ドームナガサキ戦後13年目の選択」(12日)「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」(12日)「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った”真相”」(13日)「731部隊の真実 ~エリート医学者と人体実験~」(13日)「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」(14日) 「戦慄の記録 インパール」(15日)、と新資料を発掘した番組を流した。「会長が代わったらこうも変わるんですね」と言った人が居る。たぶん、それとは関係ないかもしれない。でも率直な視聴者の言葉だ。
 日本は改めて、侵略戦争の誤りと、事実を事実として率直に認めて謝る。「戦争放棄・非戦・非武装」と「武力に頼らない国」を国是とする。差別や貧困や圧迫や隷従のない世界のために力を尽くす―。みんな日本国憲法に書いてあることを、ちゃんとやればいいだけのことだ。
 「慰安婦像には大使館員が毎朝花を供えるのはどうだろう」と言った人が居る。「北朝鮮には韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と一緒に金正恩のところに押しかけたら」という人もいる。政府はこういう国民の気持ちに応えるべきではないのか。