ご意見紹介

新聞は役割を放棄した

10月10日、衆議院選挙公示、12日には共同通信は「各党の推定獲得議席数」を発表。選挙は「賭け事」ではない、政策を見極める大切な国民の参政権の一つ。
今回の選挙を各紙とも、「安倍政権の是非を問う」選挙と位置づけた。それにもかかわらず、公示2日後には選挙予想が発表される。各紙とも、どれだけ、この5年間の第2次安倍政権を判断する材料を国民に提供したといえるのか。
投票日までまだ10日はある。国民はどのような判断のもと選挙権を行使するか思考している。それにもかかわらず、「予想議席」を出されると、投票意欲を失う。
「安倍政権の是非を問う」という、安倍政権に対決するようなポーズを出した以上、それに値する報道をすべきだ。いたずらに「議席予想」は出すべきではない。ちまたでは、「選挙バクチ」があるときく。それならなおのこと、そのような風潮を助長すべきではない。新聞社としての役割を果たすべきだ。