今週のひと言

無知は最大の武器

 昨年12月17日にフジテレビ系で放送された『THE MANZAI』で、原発問題や沖縄の米軍基地問題について「(夜7時には真っ暗になる地元の福井から)電気はどこへ行く?」「アメリカより沖縄に思いやりを」などと「お笑い」にして、早口でたたみかけるようにトークする漫才コンビ「ウーマンラッシュアワー」の演芸が話題となった。このネタは舞台では定番となっていたそうだが、テレビの全国放送では初めてとのこと。
 ツッコミを務める村本大輔さんは、年明けに沖縄に赴いて独演会を開催し、地元のファンらによって大入り満員となった。その際、県内報道各社のインタビューに答えていた内容が興味深かったので、以下のとおり、沖縄タイムスの記事から部分的に村本さんの発言を引用したい。
〈(ニュースで)辺野古とかで座り込みをしている人たちが(警察に)捕まえられている映像を見た。なぜこんなことになるのかと(疑問に)思った。なぜ基地を置くのか。なぜ沖縄にいっぱい集中しているのか〉
〈僕は基地賛成でも反対でもないけど、もし賛成、反対どちらでも泣いている人がいたら、同じ日本なら『どうしたの』『教えてよ』ぐらいは言えよと思う〉
〈無関心な人を傷つけたいんじゃない。沖縄の若い無関心の人に言いたい。無関心、無知は恥じゃない。無知は最大の武器だと思う。無知はこれからまだ知らない本を読める楽しさがいっぱいある。自分は思い込んでいないという思い込みが一番怖い〉
〈(座り込み運動を)『金をもらっている朝鮮人がバイトで行っている』と決めつけた方が簡単に語りやすい。例えば1人、地元のばあさんがいたらその声までレッテルを貼ってしまう。でも、ベッド、ソファの上でネットだけで情報を見て、親指一つで世の中を決めつけている人間が、差別にさらされながらあそこ(辺野古)で自分の思いを語っている人間を否定する権利なんて何一つない〉
〈フランスでは革命があった。ストライキやデモが当たり前。日本では声を上げると『やばいやつだ』というレッテルを貼られる。簡単にレッテルを貼るな〉