今週のひと言

セクハラの実態とは

 このサイトの主催団体の一つである日本マスコミ文化情報労組会議(略称:MIC)はこのほど、女性弁護士グループ「日本労働弁護団・女性労働プロジェクトチーム」の協力のもと「メディアで働く女性のための緊急セクハラ110番」を実施した。その結果、メディアで働く女性から次のような相談が寄せられた。
 
〈記者同士が集まる酒席で、同業他社の男性記者から身体接触があったり、性的冗談やからかいなどのセクハラ行為を受けたりした。その男性記者は複数の女性記者に対して頻繁に同様のセクハラ行為を繰り返している。上司に相談したいが、面倒くさがられて仕事が任されなくなるのでは、という懸念や加害男性からの報復の懸念がある。「自分がなめられているから被害に遭うのかもしれない」と自分の能力の低さを責めている〉(新聞・通信社)
〈職場の雰囲気がおかしいと思っていたところ、上司から仕事を辞めることを勧奨された。職場内で、職場の男性との性的関係についてばらされ、自分の知らないところで噂になっていたことを辞める時に知り、ショックを受けた。悔しい〉(出版)
〈職場の男性から一方的に好意を告げる膨大なメールが送られるなどのセクハラを繰り返された上、性的関係を強要された。会社に相談したが対応してくれなかった。その後、精神的ダメージを受けたことで、会社に行けず病気になって休職に追い込まれ、辞めざるを得なくなった。会社は女性蔑視の風土を変えてほしい。自分のようなことを繰り返さないでほしいので、こういう事例があることを社会に知ってもらいたい〉(放送)
〈同僚たちとの酒席で参加者から性的な辱めを受け、拒否したら男性から胸を触られ、必死でその場から逃げた。後日、加害男性に謝罪を求めたところ「酒席の場のこと」として取り合ってもらえなかった。さらに加害男性本人が、胸を触ったことを吹聴した。加害男性は上司から注意を受けたようだが、相談者自身も「冗談が通じない人間」として扱われ、不利益を被った。メディア業界ではセクハラが当たり前のこととしてまかり通っていることを世の中に知ってほしい〉(放送)

 いずれも深刻な内容で、問題の根の深さを思い知らされる。「セクハラ」という語感は軽く聞こえるが、その実態は明白な女性差別であり、人権侵害であり、犯罪的行為だと思う。