今週のひと言

杉田水脈氏は議員辞職すべきだ

 「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」。自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)が「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した月刊誌「新潮45」への寄稿での発言である。ネット上で「ナチスの優生思想と同じ」などと批判が広がったのは当然だろう。
 「生産性」という言葉で人間を値踏みする。2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害、職員3人を含む27人に重軽傷を負わせたとされる植松聖被告の発想と根っこのところでつながっている。
 日本国憲法は13条で「個人の尊重」を掲げ、ナチスを経験したドイツは憲法(基本法)1条で「人間の尊厳は不可侵である」と定めている。どんな人間であれ、一人ひとりを「かけがえのない存在」として扱わなければならないという、憲法の核心だ。
 杉田氏の発言は「個人の尊重」を踏みにじるもので、公職にあるものとして到底看過できず、議員辞職に値する。ところが、である。杉田氏のツイッターのつぶやきによると、「大臣クラス」の先輩議員らから「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけられたという。
 驚くほかない。しかも、二階俊博幹事長も記者会見で、「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観がある」「右から左まで各方面の人が集まって自民党は成り立っている」と問題視しない姿勢を示した。自民党という組織の憲法感覚の欠如がよくわかる。
 問われているのは、「右」とか「左」とかいう次元の問題ではない。「個人の尊重」は、「右」であろうが、「左」であろうが、政治的立場を超えて共有しなければならない最も基本的な価値だ。
 それを踏みにじった杉田氏に衆院議員の資格はない。即刻辞任すべきだ。