今週のひと言

翁長知事の遺したことば

 9月30日、沖縄県知事選が投開票日を迎える。玉城デニー氏と佐喜真淳氏の一騎打ちの様相だが、事前の情勢報道ではまさに互角のたたかいだという。
 翁長知事の急逝を受けての前倒し知事選となったわけだが、翁長さんの遺した言葉を改めて振り返っておきたい。
「私は保守の人間だが、沖縄に在日米軍専用施設面積の74%が集中するのは大変理不尽で、許されるものではないと考える。基地問題を解決しなければ21世紀に羽ばたくことはできない」
「今本土で飛んでいるオスプレイは一定程度が過ぎたら、みんな沖縄に戻ってくるんです。これを日本の政治の堕落ということを申し上げているんです。どうか日本の国が独立は神話だと言われないように、安倍首相、頑張ってください。ウチナーンチュ、ウシェーティナイビランドー(沖縄の人をなめてはいけない)」
「政府は民意にかかわらず、強行している。米施政権下と何ら変わりない。日本に地方自治や民主主義はあるのか。沖縄にのみ負担を強いる安保体制は正常か。国民に問いたい」
「沖縄戦で軍事占領した土地に普天間飛行場を造り、そこが危険になったから他の土地をよこせ、というのは理不尽だ。日本の政治の堕落だ」
(沖縄は経済振興策を受けているという声に対して)
「それなら、沖縄に経済援助なんかいらない。そのかわり、全ての米軍基地を返せと言いたい。困るのはどっちか。沖縄が日本に甘えているのか。日本が沖縄に甘えているのか」
「辺野古に基地ができれば、100年、200年と米軍の駐留が続く。子や孫に誇れる沖縄と言えない」
「朝鮮半島の非核化と緊張緩和への努力が続けられている。(日本政府は)平和を求める大きな流れから取り残されているのではないか」
 こうした翁長さんの想いを受け継ぎ、沖縄の、そして日本の未来を切り拓くような県知事が誕生することを期待したい。