今週のひと言

メキシコの生態学者の言葉

 「この国は新時代を迎える」。
 メキシコの生態学者、パトリシア・モゲルさん(62)は、12月に就任したロペスオブラドール大統領の舵取りに期待を込める。メキシコでは1980年代以降、新自由主義の波が押し寄せ、通信や銀行、鉱山、石油などの産業が次々に民営化されていった。「それに伴い貧富の差が拡大した。加えて汚職や治安悪化に対する市民の不満が夏の大統領選の勝利に結びついた」と分析する。
 「祖父が先住民族」というモゲルさんは、メキシコ中部プエブラ州の山岳地帯で先住民族らが運営する「トセパン協同組合」のアドバイザーを務める。トセパンは「共に働き、話し合い、考える」の意。現在、22地域の計約3万5000世帯の組合員が加盟する。そこでは、多種類の樹木や果樹との混植によるアグロフォレストリー(森林農法)でコーヒー豆などを栽培し、森林保護と経済的自立の両立を図っている。そして、ロペスオブラドール大統領も国の政策として森林農法を推進する意向で、新政権で閣僚に抜てきされたマリア・ルイサ・アルボレス社会開発相はトセパン出身だ。
 モゲルさんは先月、東京で市民有志が開いた「しあわせの経済」フォーラムに出席し、メキシコの現状と未来について話してくれた。
 「日本にも環境や貧困、格差の問題はあると思うが、大切なのは、市民が政治の問題に関心を持つこと。そして子どもたちが希望の持てる国になるよう大人たちが行動すること」
 モゲルさんの言葉は、当然ながらいまの日本にあてはまる。
 もうすぐ新しい年がやってくる。この国のをかたちづくるのは私たち自身だと肝に銘じよう。