今週のひと言

「憲法くん」が求めるもの

 わたし、憲法くんは個人の自由が奪われないように、国を治める人たちが、自分勝手な政治を行わないように、歯止めをかけているんです–。
 芸人、松元ヒロさん(66)による一人芝居「憲法くん」を原案にした映画「誰がために憲法はある」(井上淳一監督)が今月27日から東京などで公開される。
 松元さんに代わって映画で「憲法くん」を演じるのは女優の渡辺美佐子さん(86)だ。「憲法には国家が暴走しないように権力者をしばる役割がある。それを聞いて、戦争を知る世代である私がこの役を演じる意味があると思った」
 東京で生まれ育ち、東京大空襲を経験した。毎晩のように鳴る空襲警報。ひもじい毎日。そして同じクラスで、思いを寄せていた少年がある日、姿を見せなくなった。「広島の親類の家に疎開し、原爆で命を失っていたことを戦後から35年を経て知った」という。自分は生き延び、俳優という道を歩んできた。戦争で命を失った人々への「申し訳ない」という気持ちが、平和を強く願う思いに結びついた。
 映画では、そんな渡辺さんが女優有志で始めた朗読劇「夏の雲は忘れない」にも視点を当てる。台本には被爆した子や母、元米従軍カメラマンの故ジョー・オダネル氏の手記などを盛り込み、作曲家の池辺晋一郎さん(75)が音楽を担当した。初演は2008年。以後、夏の時期に全国各地を公演でめぐってきた。だが、この朗読劇も「今年が最後」という。「体力的につらくなってきた。若い人たちの感覚で平和の大切さを表現してほしい」と渡辺さん。
 「理想と現実が違っていたら、普通は、現実を理想に近づけるように、努力するものではありませんか」と訴える「憲法くん」。平和をつくるために一人ひとりが行動する。それこそ、日本国憲法が私たちに求めることにほかならない。