今週のひと言

政権交代と憲法

 総選挙が近づいた。憲法(9条)について、各党はマニフェストや選挙公約でどう語っているのか。
【護憲】「平和憲法を世界へ」とマニフェストに書いたのは、社民党。共産党も「憲法改悪を許さず、憲法の全条項をまもり、平和・人権・民主主義の条項の完全実施をはかります」。
【改憲】自民党は、「早期の憲法改正を実現する」との自主憲法制定論。今回は仲間の党が増えた。「陸軍・海軍・空軍よりなる防衛軍を組織する」とうたう幸福実現党。
【論憲】民主党は現行の憲法原理や立憲主義は支持しつつ、「改めるべき点があれば改める」とも書き、「国民の自由闊達な憲法論議を」とまとめている。改憲的論憲論とすべきか。
【加憲】公明党は、憲法9条1項、2項を堅持した上で、「自衛隊の存在や国際貢献等について加憲の論議の対象として慎重に検討していきます」と述べる加憲論。
 言われているような政権交代が起きれば、内閣は「改憲+加憲」連立から、「改憲的論憲+護憲」連立に代わり、権力の所在は護憲方向へややシフトする。ただし、渡辺恒雄氏が目論んだように、「改憲+改憲的論憲」という大連合が形成される可能性も、常に潜在していることを忘れてはなるまい。